にきびは、その原因などから、思春期にできるにきびと、二十歳を過ぎてからもできる大人にきびに分けられます。

まず、思春期にできるにきびの原因で一番多いのは、成長ホルモンの影響で過剰に分泌される皮脂です。

この過剰な皮脂は、毛穴をふさぎ、詰まることによってにきびをつくります。

これは、思春期独特のものなので、成長とともに、皮脂の分泌も減り、自然に落ち着いてくるのが普通です。

油取り紙などで常に皮脂を取り除き、洗顔によって、お肌の清潔を心がけましょう。

この思春期にきびが一過性なのに対して、大人のにきびは、やっかいです。

原因は、じつにさまざまなので、特定が難しいのです。

ストレスのような精神的なものや、体のリズム、食生活などの生活習慣が原因であることが多く、ケアには、根気が必要です。

また、思春期にきびとは逆で、乾燥が原因の場合もありますので、保湿もしっかりとしなければなりません。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です